長距離引っ越しは大変!営業マンとの交渉がいいね!

子育て育児

長距離引っ越しは大変!営業マンとの交渉がいいね

こんにちは、kenji@irohanixです.

パパ
パパ

あなたの人生で引っ越しって何回くらいしましたか?

私は仕事柄で関東エリアをグルグル引っ越したり、遠いところで東北の宮城県まで引っ越したことがあります。

パパ
パパ

関東から東北って片道500キロ越えですよ!

ものすごく移動だけでも大変でしたね!

そこでいろいろな引っ越し業者を選んでは実際にお願いしてきたのですが、やっぱり料金がそこそこかかるので少しでも安く済ませたいと考えていました。

例えば、私が関東から東北に引っ越した時の事です。

スポンサーリンク

長距離引っ越しは大変!子供がいるとなおさら大変でした

仕事の関係で関東の埼玉県から転勤という事があり、東北の宮城県の気仙沼市というところに異動が決まりました。

それまではその支店に遊びがてらで、そこの従業員の社員教育をするために、年に2~3回行ったことがあるだけでした。

パパ
パパ

それがそこの支店長になってしまったんです

幸か不幸か重要な役職を頂いたので、『よし!やるぞ!』という思いで快諾して向かいました。

しかし今思えば、その当時の私は給料も変わらないし心も身体も社畜でしたね(´;ω;`)ウッ…

いざ、転勤となると妻への相談と子供も一緒に行かなければならないので、環境の変化に子供がついてこれるかが心配でした。

子供の『寝つきが悪くなったり』などあったら大変ですよね。

そして面倒な市役所などの手続きをして、引っ越しの段取りをすることに・・・

パパ
パパ

長距離引っ越し代金の相場って??

今までは関東県内をグルグルしていたので、だいたい10万円以下ですべて引っ越しの段取りは出来たのですが、今回は東北のしかも宮城県気仙沼市という長距離です。

『いったいいくらかかるのか?』

いろいろとググりましたね。しかし、どの業者も家に来て見積もりさせてという事だったので、とりあえず早く連絡来たところに聞いてみようと思いネットで数社にメールしました。

するとメールの返信が早かったのが『サカイ引越センター』だったので、自宅にきてもらい見積もりをしてもらったんですが、その営業の仕方に懐かしさを感じました。

以前20代の頃に怪しい浄水器の販売の営業をしていまして、2か月くらいで辞めたのですが若気の至りだったのか、ブラック企業で働いてました。

そこの営業スタイルと全く同じだったので、懐かしさを感じた次第です。

それは、普通に見積もりをしたのですが、確か東北までで基本料金が『23万5千円』という見積もりでした。

そこから頼んでもいないのに時期的に安く出来るからと『20万5千円』ですべて引っ越しが出来ます。という回答でした。

3万円を勉強するから『サカイ引越センター』に決めてくれって事です。

私も情報が欲しかっただけなので、他の業者と比較しますと言ったのですが、そこは営業マン!

引き下がらずに逆に予算を聞いてきました。

だいたい私の予算が18万くらいだったので、そのことを『営業マン』に伝えたら、

営業マン
営業マン

上司と掛け合います!!

あれっ? これってもしかしたら上司に電話するのかな??

そうです。私も実際にやっていたんですが、顧客と仲良くなって情にうったえて、
『あなたがそこまでしてくれるなら買いましょう!』作戦です!(^^)!

その時はすぐに上司に電話をして営業マンが上司と値段交渉をしていました。

そして電話を切らずに『上司が17万5千円なら今すぐ決済出来ると言ってます!』だから今すぐ決めてください!という話でした。

私も見ていて『あぁ~、私も昔はこの作戦やってたなぁ~』と感心して即決してしまいました。

そして、お決まりの対応が

営業マン
営業マン

上司からなんですが、
お礼をどうしても伝えたいと言うので電話を代わってください!

『キタッ~~!』 私も上司役をやったことあるなぁ~と思いながら電話を代わりました。

まあ世間的な挨拶で終わりなんですが、お礼を言われて契約成立という事になりました。

私も懐かしさと『やっぱり営業ってのは、どこもやり方一緒なのかな~』と考えましたね。

とても良い社会勉強になりました。

スポンサーリンク

長距離引っ越しは大変!だからすべて業者任せ

引っ越しの一番の面倒というのは荷造りだと思います。

あれやこれやとダンボールに詰めて、ガムテープで止めてって感じで物凄く大変なんですよね!

ミニマリストだったら良かったのにと思いました。

ただ、そのあたりは妻からの要望が強かったため、サカイ引越センターのバイトのおばちゃんを一人引っ越し当日の午前中に派遣してもらって、我が家の中の物をすべて梱包してもらう段取りにしました。

もちろん料金は変わらずでコミコミです。

妻が子供の面倒をみながら、荷造りとなると妻の負担も多くなるので、そこはお金に換えさせていただきましたね。

だから、私たちはそのバイトのおばちゃんに指示をするだけでした(≧◇≦)

そのおばちゃんもとても丁寧に片づけをしてもらってホントに助かりましたね。
子供が小さかったのですごく良かったです。

ちなみに親友に引っ越し業者がいるんですが、すっかり頼むの忘れててあとでこっぴどく怒られました(笑)しかも友人割引きで『12万円』でやってくれるそうです。

持つべきものはってヤツですね(#^.^#)

ちなみに、こちらが親友の引越し屋さん!

関東や静岡周辺でのお引越しなら安く見積もるって!!
お気軽にお問い合わせ下さい(^^)https://www.shimauma.tv/

私は東北から関東に引っ越してきた時に依頼させていただきました。

彼のシフトは私の引っ越しの前日に『関東から別の人の荷物を東北へ運ぶ』そして一泊して『東北から私の荷物を関東に運ぶ』という事でした。

パパ
パパ

なるほど!って感じで感心しました。

まあそうですよね。

ただ私の引っ越しだけでわざわざ東北までは来ないですからね!

それが私が関わったことが無い運送業界の仕組みなんだと、これまた社会勉強になりました。

実際に長距離の引っ越しは大変でした。とりあえず、我が子は環境の変化にはすぐに慣れて『寝つきが悪かったり』とか『引きこもりになったり』とかはなかったので良かったです。

最後に私がネットで調べたところです。ご参考にどうぞ↓↓

これから引っ越しをする事があるかもしれない時に、このバカっ話を思い出して、
あなたのお役に立てたら幸いです。

ご一読、有難うございました。

子育て育児
スポンサーリンク
irohanixをフォローする
irohanixblog

コメント