育児あるある!新生児が発熱!そして深夜に急変!

子育て育児

育児あるある!新生児が発熱!そして深夜に急変!

こんにちは、kenji@irohanixです。

人間の体温はやっぱり夜になるにつれて、上がっていくものなんですね。

我が家の生後44日のほたるっくも昼間の発熱が下がらず、

夜中の日付が変わるころには熱が39度を越えるほどになってしまいました。

すぐに妻が小児救急相談に電話して状況を伝えると、直接病院に電話して

支持を仰いだほうが良いと言われました。

出生病院に電話で確認したところ、すぐに病院に来てくださいと!

かなりヤバい状況だとパパながらに思いました。

大至急、妻がほたるっくを連れて病院へ!

スポンサーリンク

育児あるある、深夜に急変!

病院に到着するとすぐに小児科医の先生に診てもらいました。

生後1か月の赤ちゃんの発熱という事もあり、入院治療が妥当と判断されました。

そこで、再度採血検査を行うもおそらく『風邪』だということ!

いったい『風邪』ってそんなに重い病気になるものなのかと、

小さい我が子を見て実感させられました。

大人や大きな子供であれば、『寝てながら汗かいていれば、

そのうち熱も下がって回復するよ』って、言われながら

休んだりするものですが、赤ちゃんは『その体温調整』

『汗をかくという事』の機能が未発達だという事で

重篤になる可能性が多分にあるそうです。

自分たち大人だけでなく、子供たちの体調管理も細心の注意を

払わないといけないですね。

スポンサーリンク

その後の治療計画として

採血の結果は風邪と診断されました。

そして、生後1か月と小さい年齢を考慮して抗生剤治療点滴

行って経過観察することになりました。

発熱から18時間ほど経過して、さらに熱が39度を越えていく・・・

小さな手の指には点滴の針が刺さってる。

自分自身に点滴の経験がないので痛さを共感することもできない。

パパとして、育児の甘さを思い知らされた感じでした。

スポンサーリンク

ようやく回復の兆しが!

入院して21時間が経過して、点滴と抗生剤が効いてきたのか

熱も37度代まで下がり少しづつですが顔色もよくなってきました。

あと少し、あとすこしで完治するところです。

ミルクもしっかりと飲んでいるのであと少し頑張って欲しいものです。

やっぱりこの時期は季節の変わり目!

体調管理には十分に配慮が必要ですね。

ご一読、有難うございました。

親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!
子育て育児
スポンサーリンク
irohanixをフォローする
irohanixblog

コメント